持っているのであれば、まずはフォトショップから覚える

ご存知の方も多いと思いますが、IllustratorとPhotoshopは別のソフトではありますが、

一緒に使うケースが非常に多いソフトです。

人によってはこの2つは同時に覚えないと意味がないと断言する人もいます。

それは必ずしも事実ではありませんが(Illustratorだけでも十分使えますが)、

そう言っても過言ではない程に一緒に使われる事が多く、

特にデザイナー等、仕事で使う人であれば必ず両方覚えています。

そして、同時に覚えると、両方が非常に楽に使えるようになります。

もちろん中には予算の関係でIllustratorしか買えない、というケースもあるでしょう。

ですので、このサイトでは原則Illustratorさえ持っていれば学習できるように、

なるべくPhotoshopがなくてもできることだけを記事にしていくつもりですが、

持っているんであれば、Photoshopから覚える方が色々都合がいいので、

最初にPhotoshopの話をしようかと思います。

Photoshopを最初に覚える理由は、トレースの下絵を取り込めるようにすることです。

トレースとは、完成している絵などを下絵にして、上からなぞるようにして写し取る作業です。

完全に作業ですので、絵心もデザイン能力も必要ありません。

必要ないので、とにかくソフトを使ってみることが可能になるわけです。

そして使えば覚えます。非常にシンプルな理屈です。

覚える上で、下絵をトレースして覚えるのは、一番手っ取り早い方法です。
下絵なしでいきなり絵を描こうと思うと、「イラストレーターの使い方」と、
「絵を描く技術」を同時に勉強することが必要になってしまいます。

お得なようでもありますが、間違いなく混乱します。

「え~っと、あれぇ…。なんかこの絵、歪んでみえるなぁ…。どこがおかしいんだ?

どこが変なのかがわからない…。この線が曲がってんのかな?ここ直してみよう。
ここ直したいんだけどって、あれ?この操作ってどうやるんだっけ?」
…ぐだぐだです(笑)

車の運転をしたことがある人ならわかると思うんですが、

車の運転も同じで最初のうちは

「え~っと、まずはブレーキ踏んで減速してから、ハンドル回して、

っとその前に方向指示器か!方向指示器、方向指示器はどこだ?」

みたいなはずなんですよ。

それがそのうち、何にも考えなくても運転できるようになっている。

全ての動作が一連の流れになって、無意識で操作できるようになっている。

少なくともそうなっていないと、例えばナビを見ながら運転するとか、

会話を楽しみながらドライブするとか、

そういうことは危なっかしくてできないわけです。

なので、車の運転を完璧にして、無意識でできるようになってから、

ドライブコースを考えながら走ったり、会話を盛り上げながら走ったり、

というような練習をすべきなんです。

同じように、「考えながら絵を描く、創造する」という、難しいことをする前に、

Illustratorを完璧にしておく必要があります。

絵が描けない段階で、「絵を描く動作を練習する」には、トレースが一番です。

なぜならトレースは、できあがってる絵をなぞって写し取る作業ですから、

動作だけで言えば、実際に絵を描く時と全く同じ機能を使って、同じ動作をするからです。

そしてトレースをするには、トレースする為の元の絵、下絵が必要。

下絵をパソコンに取り込むのはスキャナーとPhotoshopです。

というわけで、Photoshopの操作の基本から勉強しましょう。

無料動画講座

Illustrator・Photoshop・グラフィック系フリーウェア・HTML・CSS・WordPressの使い方や、デザインスキルなどについて、メールと動画でお伝えしています。受講無料です!

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です