お金になる技術

今日は、Illustratorとはどんなソフトか、
についてお話しします。

多分、どんなソフトか
大体のところはご存じかとは思います。

一言で言うと、絵を描くソフト。
「グラフィックソフト」の一種ですよね。

作れるものは色々あって、
バナー、サイトデザイン、チラシ、
パンフレット、看板、POP、イラスト…。

何でも作れます。

使いこなせれば、
作れないものはないとも言えます。

世の中にある商業印刷物なんかは、
ほとんどIllustratorで作られています。

全工程がIllustratorだけで
作られているとは限りませんが、
必ず、工程のどこかでは使われています。

プロが使うものと同じソフトですから、
使いこなせれば、理屈の上では、
プロと同じものが作れるようになります。

プロに頼めば何十万円もかかるデザイン代を、
自分でやればタダにできるわけです。

人に頼まれるほど上手く使えれば、
逆にお金を受け取ることすらできます。

プロのデザイナーという立場でなくても、
仕事が有利になる場面はたくさんあります。

私はかなり長い間、
本業でデザインをしていましたが、
今はデザインが本業ではありません。

しかしその後、他の仕事へ転職する上で、
Illustratorはずっと助けになってきました。

私を雇った人は、おそらく思うのです。

「この人を雇うとデザイン代がタダになる。」
「あれも作ってもらおう。
 これも作ってもらおう。給料の範囲で。」

使いこなせると下手な資格なんかより、
よっぽど仕事を探す上で有利になります。

店舗系の仕事ならチラシやPOP、
営業職や企画職なら企画書や提案書の制作と、
役立てられる場面はいっぱいあります。

ホームページを持っている会社なら、
バナーを差し替えるのに
お金を余計に払わなくてよくなります。

もちろん営業なら営業に向いてそうとか、
接客なら接客に向いてそうとか、
本業に合っていそうというのが一番です。

あるいは一緒に働きたいという思われる、
人柄が大切でしょう。

でも、Illustratorの技術は、
差別化を図る「売り」や「自信」になります。

それに、副業をする上でも便利です。

今の私にとって、デザインは副業ですが、
一つサイトデザインの仕事をすれば、
数万円になります。

作業時間は1日~2日。

数十分で作ったバナーが5,000円になります。

もちろん在宅の仕事です。

副業でデザイナーをしようと思うと、
デザイン能力以外に人脈作りも必要ですが、
土日に引越しのバイトをするよりは
よっぽど楽で現実的です。

Illustratorを使いこなせる、というのは、
それくらい「使える」技術だということです。

そんなに「使える」ソフトですが、
原理的にはとてもシンプルで、
直観的に理解しやすいソフトです。

本当に誰でも理解できます。

一言でいうと「切り絵」の要領です。

色んな色の色紙を切って貼る、
あの切り絵です。

Illustratorで扱える要素は3つあって、それは、

・オブジェクト(図形)
・画像(写真)
・文字

この3つです。

これら3つの要素を、
切り絵のように切ったり貼ったりしながら、
全てを表現していきます。

図形を描く、文字を打つ、写真を切り抜く。

それらを並べて貼ったり、
重ねて貼ったりして、全てを表現するんです。

Photoshopとの違いを良く聞かれますが、
Photoshopは写真そのものを扱うソフトです。

写真の色合いを変えたり、
ぼかしたり、濃淡をキツくしたり、
モノトーンにしたりするソフトです。

合成写真なんかはPhotoshopで作ります。

Photoshopで合成写真を作って、
その合成写真でチラシ貼ってチラシを作る。

そんな風に、組み合わせて使う事が多いソフトです。

PhotoshopとIllustratorを組み合わせて使えれば、
よっぽどマニアックなものでない限り、
平面のものであれば、
まず大概のものは作れるようになります。

Illustratorが使えれば、
本当に何でも作れるようになります。

プロ級と言って差し支えないものが作れます。

何しろプロが使うソフトと同じものですから。

前回も紹介しましたが、
Illustratorとはどんなソフトかを、
動画で説明しています。

Illustratorはとても「使える」ソフトであり、
その操作は決して難しいものではなく、
とても「シンプル」なソフトでもあります。

とてもシンプルなんですが、
覚えられる人と覚えられない人が出てきます。

なぜでしょうか?

覚えられる人には、
覚えられる理由があります。

覚えられない人には、
覚えられない理由があります。

ある「ポイント」を抑えると、
独学でもちゃんと使いこなせるようになり、

その「ポイント」を外すと、
何十万円というお金を払って学校に行っても、
結局身に付かずに終わってしまいます。

何十万円というお金を、
ドブに捨てることになってしまいます。

ソフトを買うだけでも十分過ぎるほど高いのに。

では次回から、この使えるソフトを、
「多くの人が覚えられない理由」と、
その「解決方法」についてお話ししていきます。

お楽しみに。

無料動画講座

Illustrator・Photoshop・グラフィック系フリーウェア・HTML・CSS・WordPressの使い方や、デザインスキルなどについて、メールと動画でお伝えしています。受講無料です!

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です