テキストボックス自体に色をつける方法

人気blogランキングに参加しています。
こちらをクリックしていただけると大変励みになります。
よろしくお願い致します。

チャート今回はこちらのコメントにお答えする形で記事を上げます。
質問の意味は
←こういう状態を作る時に、
テキストと図を別に作って重ねるんじゃなく、図形に直接、
文字を打ち込みたいという事でいいんでしょうか?

確かに、イラストレーターの場合、
図形に直接テキストを打ち込むと、
図形の塗や線が消えてしまいます。

それは、図形そのものがテキストボックス化してしまう、
という考え方によるものです。

しかし方法はあります。

図形に文字を打ち込んだ後に、
改めて『ダイレクト選択ツール(白い矢印のツール)』で、
図形だけを選択し、色をつけ直せばいいんです。

普通の『選択ツール(黒い矢印のツール)』で選択すると、
図形と文字が同時に選択されるので、注意してください。

白い矢印ですよ。黒い矢印のとなりです。

残念ながら、色が一旦消えてしまうことは避けられません。
文字を打った後に色をつけるようにしてくださいね。

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です