ishiki_sp_mb

内藤です。

すでに告知している通り、
デザイナーの田中さんと、映像クリエイターの内藤で、

具体的なルールをお伝えする通信講座

を始めていきます。

この通信講座では、

「デザイン」「映像」で使える具体的なルールを
ゼロから習得し、あなたの人生のクオリティを
急激に上げていくための講座
です。

本通信講座では2つのコースを準備しました。
視覚デザイン講座と、動的デザイン講座です。

視覚デザインの講座では

「デザインスキルで人生をデザインする」

をテーマに、

商品やサービス、情報発信者の
「印象をコントロールする技術としてのデザインスキル」を
学んでいただきます。

もちろん、結果的にいわゆる
「プロっぽいデザイン」にはなりますが、
目的はあくまで「価値創造の為の情報伝達」です。

それら具体的な事例を絵で見せて解説しつつ、
実際に手を動かして作っていただきながら、
使えるデザインスキルを身につけてもらう講座です。

動的デザイン講座では

「素人からガチの映像スキルを身につけて、
人生をより良くする」
をテーマに

映像制作に必要なスキルや知識などを
具体的な事例を用いながら、解説します。

また僕からも課題を出すので、
そのアウトプットを通して、ルールを生かしつつ、
どこでも使える映像スキルを身につけてもらう講座です。

こんな2つの通信講座をスタートします。

しかし、その前にできれば、
「デザイン」と「映像」のルールを
直接体感してほしいなと考えていました。

そこで、

まずは目の前で体感していただきたく
体験セミナーワークを開催します。

この文章を読んで、もし興味が出てきたら、
ぜひ僕らに会いに来てください。

お待ちしております。

開催日時&費用

11月27日(日) @東京 13時〜18時の部
12月11日(日) @大阪 13時〜18時の部

※両日、日程が合わず、参加できない場合は、後日配布の映像でも受講できます。

それぞれ開催場所に関しては、場所が確定してからメールにて連絡させていただきます。

参加費用:10,000円(税込)
募集人数:各日程最大20名

東京、大阪ともにアクセスしやすい場所を確保する予定です。

※東京の部では映像の収録を行い、後日配布予定です。
その際、受講生は顔が映らないよう配慮させていただきます。

体験セミナーワークに
参加する

最大のメリット

これまで、「意識誘導の定理」の対談音声、
田中さんのルールの力、解説動画を見ていただいているのであれば、

デザインや映像において、

どれだけルールが重要なものなのか?

は理解していると思います。

  • デザインにおいて
    「素材」「ルール」「味付け」の3つの要素が重要
    になっており、プロっぽいデザインをするだけであれば、
    「素材」とレシピとなるような「ルール」だけで、
    問題なくクオリティの高いデザインは可能
    であること
  • 「素材」自体は、インターネット上で
    クオリティの高いものを入手可能であり、
    無料・有料問わず、著作権さえきちんと守れば、
    良いものは簡単に手に入れられる
    状況であること
  • 「センス」という曖昧な言葉は、
    多くの場合「隠し味」で求められるものであって、
    必ずしも高いクオリティに
    「隠し味的なセンス」は不要
    であること
  • デザインや映像はあくまで伝える手段であり、
    これはきちんと伝わっているのだろうか?という
    気を使う優しさを持ち合わせている人であれば、
    誰でも身に付けることが出来ること
  • デザインは「思いやり」であること、
    「優しさ」であること

そんなことを、僕らは語ってきました。

これは、日本人がみんな文字が書けるのと同様に、
「デザイン」も「映像」も、きちんとしたステップで学べば、
誰でもできるものだと思ってます。

ただ、僕らは学校でやってこなかっただけなのです。

デザインや映像のルールを
教えてもらわなかっただけなのです。

そして、

これらのルールを学び、

使いこなすことができれば、間違いなく、

人生のクオリティを上げられます。

例えば…生きていれば、僕らはこんなシーンに遭遇するはずです。

  • 子供が生まれた時に天使みたいな写真を撮ろうと思った瞬間
  • がんばっている子供の運動会でとっさに撮ろうとした瞬間
  • びっくりするほど綺麗な風景に旅行先で出会った時
_dsc5213

旅行先で行った撮影OKの美術館

sample27

出張帰りで見つけた神々しい空

  • 結婚式で使いたい思い出のプロフィール映像を考えてる時
    親友の友人を余興映像で感動させたくて作り始めた時
  • 自己表現として始めたホームページのデザインや
    ブログのデザインを考えている時
  • 友人や親戚が始めた美容室や飲食店の
    集客のチラシやパンフレットのデザインを考えてる時
  • 趣味全開の同人誌を作る時やCDジャケットのデザインを作る時
  • 会社から突発的にお願いされた交通安全のポスターを描く時
  • プロにお願いする際に、製作者側の視点に立った相談がしたい時
  • プロモーション映像を町おこしをしたいと思った時
  • 会社のプレゼンテーションで、誰よりもわかりやすく
    カッコ良く資料を作りたいと思った時

きっとこんなシーンが、どこかであるはずです。

こんな時に、デザインや映像の
ルールを知って使いこなすことができれば、
あなたの人生は
かなり素晴らしいものになると思いませんか?

もちろん、ここに書いてないデザインや
映像に関係することであれば、
すべての質を上げられることができるわけです。

ちなみに手前味噌ながら、
僕は職権乱用をしているので、友人の結婚式には
TV番組さながらの余興の映像を作ったりしてますし、

友人が会社からお願いされた交通安全ポスターを代行で描いたら、
最優秀賞をもらって、旅行券をゲットしたり

趣味全開の同人誌やゲームの表紙のデザインをして遊んだり、旅行先で
いい感じの写真を撮ってプリントして飾ってたりしてます。

別にこれらのことを自慢をしたいわけではありません。ただ、
「ルールを知って使いこなすことができれば」
あなたにもできるのです。

しかし、これらを自分でやらずに
プロにお願いをするとしたら、
本当に莫大なお金がかかるものです。

山登りの映像(30〜50万円程度)

siam_site

お店のHPデザイン(20万〜30万程度)

「そんなにお金がかかるなら…別にいいか」

と、きっと思うでしょう。

だってそこまで求めてないのだから…。

はたまた専門学校に通ったり、
身近な友人がプロで活動している、
という方も決して多くありません。

だからこそ、ちょっとルールを知っているだけで
周囲と大きな違いを生んで行くのです。

「デザイン」や「映像」ができる人と
できない人の違いはどんどん開いていきます。

あなたの知らないところで。

デザインや映像ができない多くの人は
作れる人との違いを

「お金が得られること」や先程述べた

「人生のちょっとした瞬間で使える
一歩抜きんでたスキル」以外にない
と考えています。

でも決してそんなことはないのです。

デザインや映像ができるようになれば、

実はあなたの人生の質を
もっと向上させることができる
のです。

あなたが気づいていない

デザイン・映像制作スキルの効果効能

  • 客観的に物事を見れるようになるため、
    人の意見に振り回されなくなったり
    自己管理ができるようになる。
  • 優先順位をつけられるようになるため、
    効率的に仕事をすることができる。
  • 色彩感覚が身につくので、
    料理の盛り付けやファッションなどでも応用できる。
  • 思いやりのルールが明確にわかるため、
    人に伝えるときには適切な順序で説明でき
    話がスムーズに進められる
    ようになる。
  • 話の要点をつかむことができるようになるため、
    頭の中でわかりやすく整理できるようになり、
    物事の理解も進む。
  • 思いやりのルールを知ることで
    些細な違和感に気づけるようになるため、
    ちょっとした問題点に気づけるようになる。
  • そのため結果的に
    大きなトラブルに巻き込まれなくて済む。
  • 妄想したことをより視覚的に
    イメージすることができるようになるため、
    頭の中でいろんな考えがつながってくる。
  • 先回りを意識できるようになるため、
    トラブル回避能力が飛躍的に向上する。
  • 何より本当に大事なものを見落とさなくなる。

・・・など。

まだまだありますが、こんな風にお金を得たり、
ちょっとしたものが作れるようになること以外に
こんな効果効能があるのです。

しかし、これらは持っている人しか
わからないものだからこそ、
あえて言われることはないですし、
言われないと自覚できない人が多いのです。

だからこそ、人にすすめられることはないのです。

なぜこんな一見わからないような
効果効能があるのでしょうか?

それは簡単です。

デザインや映像を作る時に、
学校では教えられてこなかった

生きていくうえで必要なスキルが
かなり盛り込まれているから
です。

例えば、デザインや映像を作るということは
具体と抽象を行き来する能力ですし、

消費者以上に客観的に
物事を見る力も必要になってきます。

また優先順位をつけられなければ、
適切に相手に伝えることはできませんし、

要点がわかっていなければ、
何が必要で何が不要なのか?の判断もできず、
形にすらできないのです。

映像製作でいえば、如何に相手よりも先回りして
行動し撮りたい相手の正面を撮るか?
という「先回りの技術」です。

それを応用すれば、
トラブル回避能力が格段と上がるのです。

また映像もデザインも「違和感」を
汲み取るスキルが必要になってきます。

この「違和感」に対するスキルは、
デザインや映像制作が仕事の人であれば、
ルールを知りスキルを身に着ける過程で
自然に身につけていく種類のものです。

しかし、こうしたスキルを訓練する機会は、
一般的に、あまり多くはないでしょう。

その為、本来持っている「感覚」が
研ぎ澄まされないままになりがちです。

対談音声でお伝えしてきているように、
デザインとは問題を解決するためにあるものです。

つまり、今回の通信講座の提案は、
言い換えれば、

あなたの問題解決能力を

伸ばしていきませんか?

という提案であるとも言えます。

僕らは具体的にあなたが
どんな問題に直面しているか?はわかりません。

しかし、デザインや映像を学ぶことで
ぶち当たっている問題を解決できる力を
手にしてほしいとも考えています。

ということで・・・。

少しでも創作活動をやった経験があれば

「そういえば、そんな能力が
やる前と比べると身についているかもしれない」

と感じたものが1つでもあったのではないでしょうか?

もし身に覚えがなければ、
それらの応用の仕方もお伝えしましょう。

デザインや映像のスキルは、お金を儲けるだとか、
ただ形にするだけがすべてではありません。

デザインや映像は

あなたの人生を彩り可能性を広げるもの

です。

だからこそ、結婚式では二人の紹介の際に必ず使いますし、
広告では価値を適切に伝えるために、
デザインや映像に相当お金をかけるのです。

デザインや映像は
確かになくてもいいものかもしれません。

僕らがただ「生きていく」うえで、
不可欠なものではありません。

ですが、それを知らなければ
伝えられないことも多くありますし、
作れなければ表現できないことも多いのです。

機会損失を生み出していることに気づきませんし、
可能性を知ることもないのです。

しかしそれでは僕らは勿体ないと思うからこそ、
デザインや映像の力に気づいてほしいですし、
目を向けてほしいのです。

センスという言葉に惑わされずルールを知り

あなたの可能性をもっと広げてみませんか?

それが、僕らのこの活動の原点であり、
あなたに伝えたいことです。

さて、ここまで色々お伝えしてきて、
言ってることは理解できたかもしれませんし、
「なんとなく、わかる気がする」
と感じてるかもしれません。

中には、「デザイン、映像すげぇ」と
思ってもらえたかもしれません。

しかし、

「まだ自分にできる気がしない」と感じていたり

「具体的なルールってどんなものが
あるのかわからないしなぁ」と

思っていたりするかと思います。

そういう不安を払しょくするためにも、田中さんも僕も、
実際に「体験」してほしいと考えています。

人が学習をするにあたって、
自分自身が体験したことは、かなり鮮明に記憶されます。

それが、成功でも、失敗でもです。
長年生きてきた方であれば、よくわかるはずです。

失敗をし、痛い思いをすれば、
人は同じ過ちをしまいと考え、記憶するでしょうし、
小さな成功体験は、自分でもできるのだ、
という自己承認にもなります。

少し話が変わりますが、僕はこれまで、大学時代では、
家庭教師として何人も教えてきていますし、
会社を辞める前は、3年下の後輩を教育してきてます。

フリーランスになってから、2年間、
自分のスタッフ育成に努めてきましたし、
外部の会社では映像部門の講師としても
やらせていただいています。

その度に感じるのは、
「体験することが何よりも重要」
だと感じているのです。

だからこそ、新人スタッフには
積極的に現場に出させることを僕はしますし、
別の企画でも僕が全責任を負うという形で、
受講生にも現場に出てもらうことにしています。

それはデザイナーの田中さんも同じです。

youtubeで動画解説をしつつ、
教育者としても活動をされている。

だからこそ、

デザイン・映像などの創作活動における
「体験の重要性」がわかる
のです。

もうすでにお伝えしていることですが、
僕らは「通信講座」という少し長い期間、
お付き合いできる企画を準備しています。

ですが、この体験セミナーワークに参加するのと、
参加しないのでは、大きく違うと僕らは考えています。

たった1回の成功体験が、
「自分にはできない」という心のハードルを
越えさせてくれるだってある
のです。

そう考えると、今回、
体験セミナーワークに参加する最大のメリットは、

やはり、

「プロにデザインや映像を
簡単な事例で解説してもらい、
その場で実際に体験すること」

です。

そして、

体験セミナーワークに
参加した人同士のつながりを
うまく活用して、切磋琢磨していくこと

だと思っています。

実際に、このメールを読んでいるほとんどの方が、
デザイナーの田中さんと内藤と
直接関わったことがないはずです。

中には知ってるよ!という方もいるかもしれませんが、
やはり僕らも人間なので、お互いどんな人が興味を持って
参加してくれているのか?を知りたいのです。

そして、できることなら、
インターネットという枠組みを超えて、
現実の世界でお話を聞かせて欲しいのです。

あなたが、どんなことに対して、
デザイン、映像で悩みを抱えているのか。
どんな風にして活用しようと考えているのか。

メールでもお伝えしましたが、
僕らが音声のたびに
アンケートを取った理由もそこにあります。

やはり、インターネットを介した関係は
無機質になりがちですから、
心の通った、「思いやり」をベースとした形で、
この先、通信講座をやっていきたいなと考えています。

ということで、僕の想いはこの辺にして、
具体的な体験セミナーワークの詳細に触れていきます。

体験セミナーワーク内容

第一部:デザイン講座(13時〜15時)

  • デザインされていないという事
  • 究極的には「揃えて・外す」の2つだけがわかっていれば良い
  • 「真・SCRAPの法則」でセンスに頼らずデザインを組み立てる
  • デザインを「軸」でとらえれば誰にでも印象がコントロールできる
  • 第一の軸「レイアウトの軸」
    • 「高級感ーお買い得感」の軸
    • 「堅実さー自由さ」の軸
    • 「近寄りがたさー親しみやすさ」の軸
    • レイアウトのコツは「エネルギーの軸」にある
  • 第二の軸「配色の軸」
    • 「大人っぽさー若々しさ」の軸
    • 「男性性ー女性性」の軸
    • 「抽象的ー具体的」の軸
    • カンタン配色術「3カラーピッキング」
  • フォントで見る普遍性と時代性
  • 印象をコントロールするフォント選びのルール
  • 第三の軸「おしゃれさ」についての考察
  • デザインされているという事
  • 意識誘導の定理

第二部:映像講座(15時半〜17時半)

  • 動画と写真の違い、動画と映像の違い。
  • 理屈で映像を作るための映像の原則
  • 今すぐできる「時間的芸術」と「空間的芸術」のルールと実践
  • 「空間的芸術」のルール入門
    • 画面デザイン~視点誘導の定理
    • 優先順位とその目立たせ方を考える
    • 空間の配置を考える
    • 体験ワーク
  • 「時間的芸術」のルール入門
    • 時間のデザイン~リズムを意識すること
    • ミュージックカットと賞味期限の関係性
    • アクションカットの導入と省略
    • 体験ワーク
  • プロっぽくするための3つのテクニック
  • 意識誘導の定理~映像編~

開催日時&費用

11月27日(日) @東京 13時〜18時の部
12月11日(日) @大阪 13時〜18時の部

※両日、日程が合わず、参加できない場合は、後日配布の映像でも受講できます。

それぞれ開催場所に関しては、場所が確定してからメールにて連絡させていただきます。

参加費用:10,000円(税込)
募集人数:各日程最大20名

東京、大阪ともにアクセスしやすい場所を確保する予定です。

※東京の部では映像の収録を行い、後日配布予定です。
その際、受講生は顔が映らないよう配慮させていただきます。

こちらが、体験セミナーワークの内容です。

これを機に、一度
「ルールを力の凄さ」を体験してみてください。

もし、直接参加できない!という場合でも、
映像を記録し配布しますので、
そちらの参加でも問題ありません。

今回、直接参加、映像受講に限らず、
セミナー前に課題を出します。

その後、セミナー受講していただきワークをし、
後日宿題を提出する、という形をとります。

直接、映像受講に限らず、
体験できるように工夫させていただきます。

興味があれば、ぜひ申し込んでください。

また体験セミナーワークが終わった後に募集する、
通信講座についても先に触れておきます。

通信講座の内容(仮)

通信講座の内容についてですが、
2つのコースを準備しています。

デザイナーの田中が講師をする、「視覚デザイン講座」

映像クリエイターの内藤が講師をする、「動的デザイン講座」

この2つです。

まだ詳細は確定していませんが、
確定している範囲で公開しておきます。

視覚デザイン講座

〜Webデザインで自分をデザインする〜
カリキュラム

期間:2年 月額負担

第1章:デザインスキルで自分デザイン

  • デザインスキルで人間関係をデザインする
  • デザイン力を鍛えるなら紙のデザイン
  • スキルアップの4つの段階
  • 心が折れない為の「多層モチベーション」
  • 意志が弱い人の為の「場の力」の使い方
  • やりたい事が見つかるインターネットの使い方
  • スキルレベル別・デザインスキルでお金を稼ぐ方法
  • ネットで稼ぐ最初の一歩にWEBデザインが最適な理由

第2章:バナー作りで始めるデザイン制作

  • 使える写真素材の集め方
  • 使えるフォントの集め方
  • 写真のトリミングと色調補正
  • WordPressサイトのヘッダー画像の作り方
  • 質感あるサイト背景画像の作り方
  • 写真+文字でアイキャッチバナーを作る
  • カンタン!フリーフォントで作るサイトロゴ

第3章:チラシ作りで学ぶデザイン理論

  • レイアウトの基礎 真・SCRAPの法則
  • カンタン配色術 3カラーピッキング
  • 印象をコントロールするフォント選びのルール
  • C3メソッド、再び
  • デザインイメージの2軸コントロール
  • 躍動感あるデザインのルール
  • 高級感あるデザインのルール
  • おしゃれなデザインのルール
  • かわいいデザインのルール
  • クールなデザインのルール
  • ポップなデザインのルール
  • 子供向けデザインのルール

第4章:スキル不要!ツールで作るWEB制作術

  • 今すぐ使えるWordPress入門
  • HTML/CSS基礎講座
  • 検索フォームの設置方法
  • ヘッダーの画像をスライドショーにする方法
  • お問い合わせフォームの作り方
  • ショッピングカートの設置方法
  • Facebook・twitter等、SNSとの連動
  • アクセスがないと始まらない!最新SEOノウハウ
  • サイト作成最初の一歩 ブログサイトの作り方
  • セールスページ・ランディングページの作り方
  • 好きなことが仕事になるオウンドメディアの作り方
  • 3日でショップオーナーになれるECサイトの作り方

第5章:ロゴマーク制作で学ぶIllustrator

  • 脱・初心者!ベジェ曲線のコツ
  • ロゴマーク・ロゴタイプの作り方
  • 複雑な図の描き方:説明図
  • 複雑な図の描き方:地図
  • 複雑な図の描き方:間取り図
  • 絵が描けない人の為のイラストの描き方

第6章:写真合成で学ぶPhotoshop

  • 合成写真の基礎 写真切り抜き上級編
  • おしゃれ写真の作り方
  • 合成写真の作り方
  • テクスチャの作り方
  • 手書き風文字・手書き風イラストの作り方

第7章:デザインスキルのマネタイズ色々

  • デザインマネタイズの4ステップ
  • アフィリエイト
  • ECショップ
  • バナー作成
  • WEBサイト作成
  • トータルデザイン作成

第8章:プロのデザイナーになる方法

  • プロになれる人となれない人の違い
  • 年齢別デザイナーになる方法
  • 副業・在宅デザイナー最初の一歩
  • 副業・在宅デザイナーになるアクションプラン
  • フリーランス最初の一歩
  • フリーランスデザイナーになるアクションプラン
  • デザイナー職で就職するアクションプラン
  • スキル別・就職先の探し方

期間とスケジュールはあくまで予定ですので、変動することがあります。

田中のコメント:

視覚デザイン講座では
「自分の人生をより良くする事」という事を軸にして、
デザインスキルをお伝えしていこうと思っています。

デザインスキルと、それをお金に変える色々な方法
お伝えするのももちろんなんですが、
デザインの恩恵はそれだけではありません。

自分の趣味や世界観を発表する場としての、
ブログやWEBサイトを持ったり、
自己表現としてのECショップを運営したりと、

ネット上に新しい自分のキャラクターを演出する事が
デザインには可能です。

オフラインの常識とは全く違う形で、
新しい人間関係や新しい価値を創造できる事は、
デザインスキルのもう一つの大きな魅力と言えます。

「理想的な人生」の中に占める、
「良好な人間関係」の割合は非常に大きなものでしょう。

そうした「良好な人間関係」を創造するスキルとしても、
デザインスキルをお伝えできればと考えています。

また、この講座は全部で2年を予定していますが、
1〜3ヶ月毎に一つのテーマが完結し、
実際に何かが作れるように設計しています。

自分が作りたいものが作れるようになったら、
いつ退会いただいても大丈夫ですし、
なるべく無駄に続けず済むよう進めていく予定です。

一方で、最終的にデザイナーを目指したい方など、
長期的な学習が必要な方に対しては、
なるべく強い意志などは必要なく、
自然に続けていただける
ように配慮していきます。

ぜひ楽しんで学習していただければと思います。

動的デザイン講座

〜素人からガチで映像屋のスキルを身につける〜
カリキュラム

期間:2年 月額負担

序章:映像製作で気にしなければいけない5つのポイント

  • 映像制作の3T
  • 構成のルール~広告映像と映像作品の違い~
  • 音の原則
  • 画力というマジック
  • テロップの力

第1章:セミナー映像製作で学ぶPremire Pro、Audition、SpeedGradeの使い方と映像の原則その1

  • 撮影前の事前準備と必要機材
  • 初心者から始めるプロっぽいセミナー映像のつくり方
  • プロでやるなら、ここまで意識しよう、ワンランク上の制作テクニック
  • セミナー業者の始め方~アクションプラン・相場と実態~

第2章:商品プロモーション映像制作で理解する、映像構成の基本ルールと映像の原則その2

  • 撮影前の事前準備と必要機材
  • プロっぽい商品プロモーション映像のつくり方
  • プロならここまで意識したいプロモーション映像制作
    • TVCMとWEB広告映像の違い
    • PMEの法則、GDTの法則、AIDMRAの法則、シナリオ黄金則と13フェーズ構造、フックの法則
    • フォントとBGMの見つけ方
    • 既存映像を分解する:ジャパネット高田、ライザップ、クロスロード、auのCMほか
    • 制作解説:人物に焦点を当てるプロモーション映像
    • 制作解説:商品に焦点を当てるプロモーション映像
    • 制作解説:店舗に焦点を当てるプロモーション映像
    • 制作解説:ナレータを使ったプロモーション映像
  • WEBプロモーション映像クリエイターの始め方~アクションプラン・相場と実態

第3章:講座解説系映像制作でできるようになる、わかりやすい見せ方と映像の原則その3

  • 講座解説映像の極意
  • ソフトウェア解説系動画の作り方
  • スライドショーによる解説動画の作り方
  • Youtuberっぽい自撮り動画の作り方
  • キャラクターだけの解説動画の作り方
  • 対談形式の映像のつくり方
  • Youtube動画プロモーターの始め方~アクションプラン・相場と実態~

第4章:facebookやyoutubeのWEB広告映像制作から学ぶ短い間で印象付けるテクニック

  • SNSメディアで流す短い映像広告の制作ポイント
  • パターン崩しのルール
  • 難しいソフトを使わずにアニメーションを作ってみる(keynote/powerpoint)

第5章:イベント・PR、ダイジェスト映像製作で学ぶカラーグレーディングテクニック

  • カラーグレーディングと人の心理の関係性
  • Speedgradeを使って映像の色を作り出す
  • イベントのダイジェスト映像のつくり方~祭り、山登り~
  • セミナーのダイジェスト映像のつくり方
  • 対談のダイジェスト映像のつくり方

第6章:結婚式や誕生日で使えるパロディ映像製作で身に着けるAfterEffects

  • 映画泥棒を作ってみる
  • 水曜どうでしょう風映像を作ってみる
  • プロフェッショナル仕事の流儀風映像を作ってみる
  • ニュース風の映像を作ってみる
  • ファミコンゲーム風の映像を作ってみる

第7章:モーショングラフィックス映像制作~AfterEffectsとCinema4D liteをマスターする

  • モーション制作の鉄の掟5箇条
  • ディズニーで提唱されているアニメーション12の法則〜効果と事例紹介〜
  • モーションデザインの3パート解説
  • AfterEffectsマスター講座
    • プラグイン解説:Trapcode Particular/Elements3D/Optical Flares/Formほか)
  • パロディ映像を作って、楽しくスキルを身に着けよう

第8章:プロの映像クリエイターになるために必要なスキルを身に着ける

  • プロのクリエイターマインドセット
  • オフラインとオンラインの両方から仕事を取ってくる方法
  • フリーランスクリエイターが構築しておきたいビジネスモデル
  • THE DRM for Creator~1対1のビジネスからネットを使った戦略スキル
  • くいっぱぐれないためのフリーランスクリエイターのアクションプラン
  • フリーランスのリスク管理知恵袋~社会保険と税金の知識ほか~

不定期配信番外編:視覚的印象力学と映像演出

  • 画角によって変わる演出方法とその事例紹介
    • 映画から学ぶ画角演出〜タイタニックほか
    • アニメから学ぶ画角演出〜アイドルマスターシンレラガールズ、サイコパスほか
    • ドラマから学ぶ画角演習〜暴れん坊将軍、MOTHERほか〜
    • 漫画から学ぶ画角演出〜ドラゴンボール、ワンピースほか〜
  • 仮面ライダーキックやファイナルファンタジーの主人公の位置と関係性ほか
  • 空間的芸術力を向上させるための、モノのみかた解説
  • 時間的芸術力を向上させるための、リズムとタイミング解説
  • 映像をつなげるとは何か

期間とスケジュールはあくまで予定ですので、変動することがあります。

内藤のコメント:

動的デザイン講座は
「趣味からプロまで使える映像ディレクションの講座」です。

もともとは、僕のスタジオのスタッフを
教育するための講座を、実例別にまとめなおし、
分かりやすく解説していきます。

映像制作の場合、
「素材がないと作ることができない!」
なんてことが往々にしてでてくるかとは思いますが、

たとえば、セミナー編集であれば、
こちらから素材を提供して
課題としてもこなせるような形でやっていきます。

知識も必要ですが、あくまで実践ベースの通信講座です。

本通信講座は、田中さんのデザイン講座と同じように
1~3カ月毎に1テーマを完結させていきます。

そして、そのテーマで
ちょっとした仕事ができるところまでの
アクションプランの提示を
させていただこうと考えています。

実際に、それらを仕事にするかどうかは
あなた次第ですが、
進めば進むほど「映像とは何か?」
「伝えることとは何か?」ということが理解できるはずです。

デザイン講座と同じように、この通信講座は
いつ退会しても問題はありませんが、
こちらとしても常に新しい発見があるような
講座にしていくよう努めていきます。

またカルキュラムにも記載していますが、
映画やドラマなど実際につくりはしないけど、
身近にある映像作品について
言及した話題なども盛り込んでいます。

楽しさがなければ、
興味がある話題でも長続きはしない
ものです。

そんな工夫を交えながら、
長期的に使えるスキルを身に着けてもらえれば、
と考えています。

最終的にプロじゃないのに、
なぜかプロのスキルを持ってる人が増えたら、
嬉しいですね:笑

デザインも映像の講座も
詳細は体験セミナーワーク後に
案内させていただきます。

通信講座の募集時期

通信講座の募集時期は、
セミナーが終わってからの募集になりますが、
12月中旬〜年末にかけて募集予定です。

そして、開始時期は2017年新年明けてから、
心新たにしてからスタート予定です。

それまでに、再度、
詳細の通信講座の内容は配布予定ですが、
是非興味があれば、参加してみてください。

そういえば、値段は…。

気になるところですよね。

ということで、
通信講座の値段について少しふれていきます。

2年間の長期間のお付き合いになる予定ですし、
案内に記載したように
かなり盛りだくさんな通信講座です。

しかも、僕も田中さんも
現場ですぐ使えるようなものだけを
ピックアップしています。

ソフトウェアも基本は
プロが扱うAdobe製品がメインですし、最低でも
プロとしてやっていけるだけのスキル
身に着けてもらうことも目標としています。

もちろん、そこまでのスキルはいらないよ、
と思うかもしれませんが、
セミプロくらいのスキルを持っていて損はないはずです。

それこそ、デザインや映像の重要性は
すでにお伝えした通りです。

しかし、それだけ盛りだくさんの講座だと、
値段もかなり高いのでは?と
想像するかもしれません。

僕らも実際にどれくらいが業界の相場なのか?を
確認してみました。

たとえば・・・プロになるためには
一般的には専門学校に入るはずです。

ちなみに田中さんは専門学校の学費に
400万円近く掛かったそうですが、

クリエイティブ系専門学校の学費は
一般的に高額で、
入学費に50万、年間150万程度
掛かるのが普通です。

最近は、オンラインの受講もできる所が
増えてきています。

たとえば、有名どころの某専門学校の
オンラインのデザイン講座を受講すると
フリーランスになるコースでいえば、

8ヶ月間で約43万円ですし、
映像の講座であれば、ちょっとしたものでも
6カ月で24万程度かかります。

もっといえば、
映像クリエイターとして必要になってくる
Adobeソフトの使い方だけでも、
20~30万程度の講座がほとんどです。

値段の安い、
ソフトウェア解説をしている講座はありますが、
基本的な部分で終わっていることがほとんどですし、

音響の知識はもちろん、
ルールの話に触れている講座を考えれば、
かなり少ないです。

僕自身も試しに他者様の映像講座を
受けてみたことはありますが、
現場で使えそうなルールを
きちんとやっている所はほとんどありませんでした。

つまり、安く見積もっても
現場ですぐに使える技術を身に着けるには
年間30万円以上かかる
ということになります。

今回、僕らの講座は2年間ですから、
単純に考えたら、
60万円ということになります。

いやいや、60万はたけーよ

僕らもそう思います。

いや、プロになる為の投資としては、
決して高くないんですが、
実際にやってみる前に60万円分の価値を
信じられる人はそう多くないでしょう。

しかも別にプロになりたい、
という人ばかりではないことも
僕らは事前のアンケートで知っています。

そう、なるべくなら
色んな人に受講していただいて
人生の可能性を開いてほしいのです。

が、しかし、

しかしですよ。

僕も田中さんも長年苦労して(楽しかったですが:笑)
積み上げてきたスキルを
そう簡単に第三者に提供するほど、
お人よしではありません。

教えるにも、その準備をするにも、
多くの時間と労力が掛かります。

そこに時間を掛けている間、
僕らは自分の仕事ができません。

実際、ライバルを作ることにもなるわけですし、
僕でいえば10年(15年か?)、田中さんでいえば、20年を

たった2年間で、しかも良いとこだけをかいつまんで、
みっちりやっていくわけですから
簡単に値下げできないわけです。

ということで、今回は田中さんと一緒に悩んだ結果、
この値段にすることにしました。

視覚デザイン講座・動的デザイン講座共に

月額¥7,980(サポート込)

仮に2年間受けていただいた場合、価格は¥191,520です。
業界の1/3の値段です。

どうですか?

え?まだ高い?

うーん。

今回は初回のモニターという要素も強いので、
こんな特典を準備しました。

体験セミナーワーク参加特典

今回、体験セミナーワークで、多くの人にルールの力を
「体験してほしい」という気持ちもありますが、
あくまで通信講座を前提として開催しています。

そこで、体験セミナーワークと通信講座を
同時に参加してくれた方には、
以下の特典をつけさせていただきます。

通信講座の月額費用を¥3,000引き

視覚デザイン講座、動的デザイン講座は
それぞれ、月額7,980円ですが、
それぞれ月額4,980円で対応したいと思います。

両方とも参加する場合であれば、
合計で最大で¥6,000引きという事になります。

facebookコミュニティに招待

1日だけの体験セミナーワークですが、
より密になってやっていきたいと考えています。

そこで体験セミナーと通信講座に両方参加してくださった方は、
今回に限って通信講座専用のコミュニティを準備しますので、
そちらにも招待します。

ぜひ、そのコミュニティで僕らの通信講座を使い倒してください。

僕らも全力になって、サポートしていきたいと考えています。

今回やる通信講座は、
田中さんも僕も初の試みです。

そのため、受講生と一緒になって
歩んでいきたいと考えています。

いや、それでもまだ高い…。

と思う方も、中にはいらっしゃるでしょう。

本当に収入ギリギリの生活で、
他に全然お金が使えない方も
いらっしゃるかもしれませんし、

そもそも、欲しくないものに払うお金は、
100円でも高く感じるものです。

ただ、先程記載した通り、
僕らとしても時間をかけて身に着けてきたスキルだからこそ、
価値がわかる方だけに受講していただければ、
と考えています。

月に5,000円といえば、1回の飲み会の金額ですし、
月のインターネットの通信費用程度ともいえます。

たとえば週1回、
僕らに1000円程度の昼食をおごる代わりに、
企業秘密のスキルの習得アドバイスがもらえる、

と考えたら、安いと思いませんか?

一生使えるスキルを身に着けると考えれば、
そう高い金額というわけではないはずです。

僕らとしても、
今回が個人でやるには初の通信講座ですから、
ぜひ参加する方と一緒になって通信講座を
作っていくつもりでやっていきたいと感じています。

ということで、通信講座のお話はここまでにしておきましょう。
正式募集はあくまで12月中旬~末にかけてですので、
是非ご検討いただければ、と思います。

まずは一度、

体験セミナーワークに
参加してみませんか?

追伸

せっかくなので、最後にメッセージを書いて、
終わりたいと思います。

まずは僕、内藤から。

ここまで、拙い文章を読んでいただき、
ありがとうございました。

今回の企画は、書いてある通り、具体的なルールをお伝えする
通信講座がメインの企画です。

でも、その前に

「どうしても体験してほしい」

という想いが僕にはありました。

体験セミナーワークに参加することで、
全員が心のハードルを越えられるかどうか?は、
わかりません。

しかし、それでも映像も、そしてデザインも
「やってみたら、意外に簡単だった」
ということは多々あります。

もちろん、難しいこともあるとは思いますが、
それも気持ち次第で難しく見えているだけ、
のことは多いものです。

もしくは教える側がものすごい下手か:苦笑

フリーランスとして映像の仕事をやり始めて、
僕はまだ3年目で、駆け出しの若造です。

とはいえ、趣味で映像を作り始めた頃を数えれば、
10年以上は映像に関わっています。

これまで、趣味、仕事も含めたら、
いろんなものに関わっています。

実写のプロモーション映像もあれば、
アイドルのライブ撮影もありましたし、
300人規模の会場で企業の講座を撮る撮影もありました。

お祭りをPRをする映像を作る仕事もありましたし、
ゲームで流れるオープニングアニメの
制作にも関わりました。

僕自身は絵も描いたりしますし、
漫画も写真も3DCGも作るのは好きです。

田中さんと一緒で
わりと何でも手を出してしまうタイプなので、
誰よりも視覚的な映像というジャンルで
やってきているつもりです。

そんな僕にも、きっとあなたの
役に立てることもあるかと思いますので、
ぜひ、今回を機に、大きな可能性を広げる
きっかけにしてもらえたら、幸いです。

申し込みお待ちしております。

田中からのメッセージ:

こんにちは。田中です。

この講座のテーマですが、
「デザインスキルで人生をデザインする」なんて、
また随分大きく出たな、と思われるかもしれませんが、
人生って割と些細なきっかけで大きく転がったりするもので、
この仕事をしていると、そんな転機に立ち会う事も少なくありません。

人に言えるようなキャリアも特技もなかった主婦の方が、
趣味のECショップでプチブレイクしたり、

卸売業者として行き詰まりを感じていた人が、
インターネットで小売を始める事で、
長年培った経験を新しい強みとして生かせるようになったり、

純粋な趣味のWEBサイトを作っていた人が、
アクセスが集まりだした事をきっかけにアフィリエイトや物販を始め、
好きな事で収入が得られるようになったり、

と、色んなパターンで転機は訪れます。

転機は、他人がもたらします。

人は、なかなか自分一人で、
自分の価値には気づけないものです。

誰あろう、僕自身がそうでした。

価値は、出会いが創り出します。

僕はデザイナーとして、デザイン業界の中で、
実力的には全く以ってフツーで、大した事がありません。

しかし、デザインが必要なんだけど、
どうアプローチして良いかわからないような
デザイン業界の外の方々と出会う場を作り出す事で、
びっくりするくらい喜んでもらえる機会を得ました。

その瞬間、初めて自分の価値に気づく事ができました。

というより、その瞬間に
新しい価値が創造されたという方が正確でしょう。

デザインは、価値ある出会いを演出する技術です。

僕は、このインターネットが当たり前になった時代では、
誰にでも同じ事ができると考えています。

この講座では、その転機を生み出す事を目指して、
デザインスキルをお伝えしていければと考えています。

その第一歩として、今回の体験セミナーでは、
「気づきで変わる」という事を経験してもらいたいと思っています。

今までずっと目の前にあったはずの何かの中に、
新しいつながりを発見し、新しい意味に気づくというような事。

その小さな気づきの積み重ねの先に、
転機は訪れるのだと思います。

まずはあまり気負わず、日帰りの旅行か、
ちょっと高めの飲みに行くくらいのつもりで、
体験セミナーへ遊びに来ていただければと思います。

プロフィール

book_cover

スタジオ21

田中祐介

「実家デザイン事務所だし、何となく就職とか有利かなー。」という、ふわっとした理由でデザイナーを志す。

その後、過酷で知られる印刷業界の労働環境に、体力面でついて行けず、一旦はデザイナーをあきらめ、営業職や企画職、IT企業のヘルプデスク業務など、転職を繰り返す。しかし、不思議なご縁で再びデザイナーへ。

現在はWEBと紙の両方が扱えるデザイナーとして活動中。人生って…。

book_cover

Works

site2
site4
site1
site3
rakuzou2
illust1
profile_img

スタジオエンベデッド

内藤勇介

フリーの映像作家。元エンジニア。
趣味の映像製作の延長で仕事の依頼を受け始め、社会人6年目でフリーの映像エンジニアとして独立。
コンテンツビジネスを展開するクライアントのセミナー映像やプロモーション映像を手掛けつつ、イベントやライブの映像にも携わる。現在はとある法人の映像部門のリーダー兼講師を勤めながら、地方の中小企業向けの外部映像チームとして展開中。
マーケッターの友人からビジネスを学んだこともあり、ビジネスモデルを設計するのが得意。

profile_img

ShowReel for Works

特定商取引法に関する法律に基づく表示