ワンタッチ集大成

多分、何を習得する時もそうだと思いますが、
実際に覚える時は「知識2割に、経験8割」だと思います。

イラストレーターも、
知識だけでは身にはつかないんですね。

それでいうと、アドビ イラストレーターのマニュアル本というやつは、
「知識の集大成」なワケで、わりとカンタンに手に入ります。

「経験」の部分をどうフォローするかがキモになってくるんですね。

しかし、アドビ イラストレーター習得の場合、
「経験の集大成」というのも、実はカンタンに手に入ります。

ちょっと考えればわかることなんですけど、
これ、以外とやらない人が多いんです。

それは、ズバリ…

「資料集め」です。

カテゴリーの『○○を制するものはイラレを制する!』の
『○○』は、ズバリ『資料』です。

考えてみれば、世に出ている印刷物はほとんど全て、
イラストレーターで作られています。

新聞をとっていれば、チラシはタダですね。
近頃はオシャレなフリーペーパーがタダで山ほど配られています。

マニュアル本は一冊1500円~3000円くらい。
資料はタダのものも少なくありません。

マニュアル本は、複数冊持っている方が初心者には望ましいですが、
基本的には良書が一冊あれば充分です。

それより資料を山ほど集めた方がいいです。
プロが作った印刷物はまさに「経験の集大成」です。

それがタダで手に入るワケですから、集めない手はありません。

アシスタントデザイナー、まぁ平たく言えば「雑用係」なんですが、
の、最初の仕事の中に、この「資料集め」があります。

資料を集めているうちに、膨大な量の資料を見る事になるので、
それ自体が訓練になっているんですね。

デザイン事務所の場合は、集めた資料を先輩がチェックするので、
使えないようなヤツを集めると、文句言われるので真剣です(^_^;)

ポイントは「使いやすいように」資料を集めることです。

チラシを作る為にイラストレーターを覚えたい人は、
まずはチラシを集めるといいでしょう。

それも同業他社のものを多く集めると参考にしやすいです。

チラシでなくても、カッコイイと思うものは、
カッコイイと思ったものとして集めます。

ここから、色使いや書体なんかをマネたりするワケです。

しかし、当初は何も考えず、ひたすら集めてください。
チラシだろうが雑誌だろうが、カッコよかろうが悪かろうが、
なんでもいいです。

集めてるうちに「目」ができあがってきます。

で、「目」が多少でもできあがってから、
要らないヤツを捨ててください。

これが後で効いてきます。

センスを身につけつつ、それでいて、
集めた膨大な資料を活かせば、センスがなくても、
チラスを作ったりすることが可能になるんですね~。

その方法は、おいおい説明していきますね。

無料動画講座

Illustrator・Photoshop・グラフィック系フリーウェア・HTML・CSS・WordPressの使い方や、デザインスキルなどについて、メールと動画でお伝えしています。受講無料です!

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です