フォトショップ→イラストレーターの連携

トレース中トレース中イラストレーターとフォトショップの連携で一番分かりやすいのは、
フォトショップで取り込んだ写真を、
イラストレーターで、図形や文字と一緒にレイアウトして、
チラシなどを作るという、完全分業パターンです。

今回は『フォトショップからイラストレーターへ』の
連携パターンをご紹介します。

といっても、左の図を見ればすぐにわかりますよね。

そう、フォトショップで取り込んだ下絵を、
イラストレーターでトレースするというパターンです。

1コマ目がフォトショップで取り込んだ画像。
2コマ目がその画像をイラストレーターのファイルに”配置”して、
“ペンツール”でトレースしているところ。
3コマ目がトレースの済んだ画像に色をつけて完成させたもの。

これも連携の形としてはわかりやすく、
かつ最もよく行なわれる連携の一つです。

手書きの下書きを写真画像として、フォトショップでそのまま取り込み、
製図的に整理された線を描くことが得意な、
イラストレーターを使って清書していく。

結果として、イラストレーターのデータにすると線や塗りがキレイになることはもちろん、
データ自体が軽くなり、『ベクター画像』なので拡大縮小しても画像が粗くなりません。

そのうえ髪の色や、顔の表情を修正するのもカンタンになります。

ちなみにイラストを描く時には、まず手書きの下絵を用意した方がいいでしょう。
いきなりイラストレーターで描きはじめるのは、
それなりにソフトに習熟してからにしましょう。

では『イラストレーターからフォトショップへ』の連携はなんでしょう?

続きは次回です。

無料動画講座

Illustrator・Photoshop・グラフィック系フリーウェア・HTML・CSS・WordPressの使い方や、デザインスキルなどについて、メールと動画でお伝えしています。受講無料です!

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です