アドビ イラストレーター、350円の女神。

アンアン資料を集めて、そのままトレースして覚えよう!
というのが、初心者にやりやすい
アドビ イラストレータ習得法の一つですが、

その場合、『何を』トレースするかが問題になります。

できるだけ、アドビ フォトショップの技法と
アドビ イラストレーターの技法が入り交じるような、
高度な機能を使っていないものが、望ましいでしょう。

機能的にはシンプルなものだけで作られている紙面。
それでいて、できればカッコイイもの。

この条件にあてはまるものといえば、
女性ファッション誌でしょう。

なんといっても、まず安いので手に入れやすいです。
『an・an』なんて350円です。

広告多いですけど(^_^;)

女性ファッション誌の特徴として、
「画面が白っぽい」というのがあります。

実際に『an・an』や『エフ』なんかを見てみるとわかりますが、
アドビ イラストレーターの機能で言うと、

「写真の配置」と「マスク(写真を一定の形に切り取る機能)」
あとは「文字打ち」さえできれば、トレース可能なページが多いです。

シンプルな画面構成は、
シンプルであるがゆえにごまかしが効きにくく、
デザインするときには難しいんですが、

トレースするとなると話は別です。

使うソフトの機能的にはカンタンなので、
どんどん参考にしてください。

オシャレな誌面をたくさん見ると、センスが良くなる、
というオマケまでつきます。

トレースの難易度としては、
同じ女性ファッション誌でも『婦人画報』など、
年齢層がやや高いものほど画面がシンプルで、やりやすいです。

やや年齢層がさがって『CanCam』や『JJ』になると、
少し画面構成の味付けが濃くなる分、難しくなります。

さらに年齢層がさがって、ギャル系の、
『egg』とか『RANZUKI』とかになると、
もう濃すぎて、ワケがわかりません(^_^;)

…って、ちなみに今回、リサーチの為にギャル雑誌読んだんですけど、

おぢちゃんはもう…、
内容にすっかりついていけなくなってました(^_^;)

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です