あん、あん、あん。とってもダイスキ。

前回紹介した『フォトショップからイラストレーターへ』の
連携パターンで最も代表的な連携パターンは、

『写真や下絵をフォトショップで取り込み
 →イラストレーターでトレースする』であると説明致しました。

では、逆に『イラストレーターからフォトショップへ』の
連携はどうでしょう。

ここではイラストレーターで『製図』しやすいキャラの代表として、
世界のアイドル、ドラ○もん氏にご登場いただきました(いいのかな)。

ドラ○もん氏は、ほぼ楕円と直線で構成されていますので、
イラストレーターで描くには絶好の面持ちでいらっしゃいます(笑)

『ベクター画像』向きなんですね。

『ベクター画像』『ラスター画像』については、こちらをご覧ください。

しかし、彼がもし匿名でメディアで発言する場合、
顔にモザイクをかける必要があります。

ところが『ベクター画像』を扱うイラストレーターは、
こういった『ボカしたりトーンを変更する』というような、
いわゆる『画像処理』が苦手なんですね。

そのために、『ベクター画像』のイラストレーターで描いたドラ○もん氏を、
『ラスター画像』のフォトショップで開き直して、
画像処理をする必要があるワケです。

イラストレーターでやろうとすると、モザイク全てを一つずつ描いて、
色をつけていく必要があります。

これが『イラストレーターからフォトショップへ』の処理の代表的なものです。
だいたいボカしたりの処理が多いですね。

これでイラストレーターとフォトショップの連携がどういうものか、
だいたい感覚がつかめましたか?

ですので、

『鉛筆描きの下絵を取り込み
 →イラストレーターでトレースして色付けし、
 →フォトショップで”絵の具で描いたかのように”画像処理する』

という場合などは、

『フォトショップ→イラストレーター→フォトショップ』になります。

そうして作った画像をさらに、チラシにレイアウトするとすると、
またイラストレーターに戻ってくるわけですから、

頻繁に往復します。

イラストレーターだけ、フォトショップだけ、を極めるより、
基本的な機能だけでもいいですから、両方覚えた方が実用的で、
ほぼなんでも作る事ができます。

みんな、みんな、みんな、叶えてくれます(笑)

お名前(苗字のみ)

メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です